FC2ブログ

    ありふれた日常

    『エネミー』~第14章~  

    作品紹介です。
    『エネミー』~第14章~ UPしました。
    ※無料サイトですので、お気軽に覗いてみてください。


    茉莉絵から渡された虐待に関するレポートの中に、
    気になる記述を見つけた聖。
    一方、冬翔に席を外すように言い、
    初めて二人きりのデートを楽しむ夏輝とこうめ。



    ~あらすじ~

    思春期の入り口で、
    遣り場のない親への不満や、
    将来への漠然とした不安、
    束縛された環境の中で、
    何一つ自由にならないもどかしさに、
    何が本当の自分かも分からずにいました。


    一途なあまりに翻弄される友情と恋心、
    その幼さゆえの葛藤や嘘に、
    誰が敵で味方なのかも分からず、
    優しさはときに凶器となることを知らずに、
    無垢で純情な感情が招いたものは、残酷な結末でした。


    ☞『エネミー』

    ☞『~序章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第1章~』から読む方はこちらへ

    『~第2章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第3章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第4章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第5章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第6章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第7章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第8章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第9章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第10章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第11章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第12章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第13章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第14章~』から読む方はこちらへ




    宜しくお願い致します。m(__)m




     
    人気ブログランキングへ


    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村


    category: 作品紹介

    thread: オリジナル小説 - janre: 小説・文学

    tb: 0   cm: 4

    リュウグウノツカイ  

    先日、静岡に行って参りました。(^o^)
    もうほとんど、毎年の恒例になっておりますが、
    何度行っても良いところですな~。


    20180225081208022.jpeg


    一日目は曇りがちでしたが、
    二日目には、富士山もバッチリ見えまして、
    ラッキーでした。(*^^)v


    今回、私にとって一番のヒットだったのは、
    たまたま訪れた『東海大学海洋科学博物館』で、
    リュウグウノツカイ』に会えたこと。
    勿論、展示されているのは標本ですが、
    超神秘的で、圧倒的な存在感と言いますか。


    20180225080829b51.jpeg


    雌雄の個体で、5mほどのビッグサイズ。
    もう一体、30㎝ほどの赤ちゃんの標本もありました。(^^)


    初めてリュウグウノツカイの映像をテレビで見た時、
    あまりにも神秘的なビジュアルと、美しい動きに、
    もの凄いインパクトを受けたのを覚えています。


    このお魚が現れると、『豊漁の兆候』とも
    災いの予兆』とも言われるらしく、
    謎のヴェールに包まれているようです。


    まったく予期していなかった偶然の出逢いに、(←標本ですが)
    すごくラッキーな旅の想い出になりました。(*^-^*)




    二つのランキングに参加しています。
    応援、宜しくお願いいたします。


     
    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
    にほんブログ村


    category: お出掛け

    thread: ちょっとおでかけ - janre: 旅行

    tb: 0   cm: 4

    『エネミー』~第13章~  


    作品紹介です。
    『エネミー』~第13章~ UPしました。
    ※無料サイトですので、お気軽に覗いてみてください。


    朋華から聖に告白するために集まっている所へ、
    祖父に激怒した聖の母から電話が。
    散々八つ当たりされた後、
    居間へ戻る途中、廊下で目にしたのは…



    ~あらすじ~

    思春期の入り口で、
    遣り場のない親への不満や、
    将来への漠然とした不安、
    束縛された環境の中で、
    何一つ自由にならないもどかしさに、
    何が本当の自分かも分からずにいました。


    一途なあまりに翻弄される友情と恋心、
    その幼さゆえの葛藤や嘘に、
    誰が敵で味方なのかも分からず、
    優しさはときに凶器となることを知らずに、
    無垢で純情な感情が招いたものは、残酷な結末でした。


    ☞『エネミー』

    ☞『~序章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第1章~』から読む方はこちらへ

    『~第2章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第3章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第4章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第5章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第6章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第7章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第8章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第9章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第10章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第11章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第12章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第13章~』から読む方はこちらへ




    宜しくお願い致します。m(__)m




     
    人気ブログランキングへ


    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村


    category: 作品紹介

    thread: オリジナル小説 - janre: 小説・文学

    tb: 0   cm: 4

    眼科、その後  


    昨年7月頃に、目に違和感を覚えて眼科へ行き、
    ドライアイです』ということで、お薬だけ出され、
    その後改善せずに眼科を変えた件から半年。


    別の医院で、当分の間、要経過観察ということになり、
    近々、お出掛けする予定があったことから、
    この際なのでスッキリしようと、再診し、
    中の物を出して(切って)頂くつもりだったのが、
    大学病院を受診することになりましてん。(T_T)


    まあ、詳細を書きますとですね、
    目頭の白目部分に結膜嚢腫(けつまくのうしゅ)様のものがあり、
    通常、これ自体は大したことではないものの、
    そこと重なる瞼部分にも、一見して分かる腫れがあり、
    麦粒腫・霰粒腫(ものもらい)とは違うとのこと。


    問題は、嚢胞の中身(成分)が何なのか。
    涙液か、リンパ液か、それ以外の物か、
    同様に、瞼部分の腫れの因果関係も確認するため、
    精密検査を受けて来い、ということになりました。

    怖いよ、怖いよ、怖いよ~~~!!!


    MRIが!!!((((;゚Д゚)))))))


    というのもわたくし、重度の閉所恐怖症でございまして。(T_T)
    切った、貼った、縫ったは我慢出来ても ←嫌だけど
    あれだけは、どうしても怖くて仕方ないんです。


    病院がどんなタイプの器械か分からないのですが、
    とにかく、間口がうんと広いものでないと無理で、
    今から憂鬱で仕方ありません。


    ちなみに、受診はまだ一か月くらい先。
    名古屋(及びその近郊)には、
    眼科で有名な大学病院がいくつかあり、
    私が紹介状を頂いたのも、その一つ。
    全国から患者さんが殺到するため、
    予約が数か月先なんてことも、珍しくないみたいです。


    あぁ…何とか自然に消えてくれて、
    これなら、もうMRIは必要ありませんね
    みたいな展開にならないかな~。 ←希望的観測妄想中


    20180213102852fc1.jpeg 

    先日降った雪。

    お庭のレンガも真っ白になりました。
    今年、異様に寒い気がするのですが、氷河期? ←違うわ





    二つのランキングに参加しています。
    応援、宜しくお願いいたします。


     
    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
    にほんブログ村


    category: 日常

    thread: 日々のできごと - janre: ライフ

    tb: 0   cm: 5

    『エネミー』~第12章~  

    作品紹介です。
    『エネミー』~第12章~ UPしました。
    ※無料サイトですので、お気軽に覗いてみてください。


    コンクールを目前に、まったく身が入らない朋華。
    理由は、急にモテ始めた聖のことと、
    どんどんエスカレートする冬翔の嫌がらせ。
    娘を案じた小夜子は、こうめと木の実を自宅に呼ぶのですが…



    ~あらすじ~

    思春期の入り口で、
    遣り場のない親への不満や、
    将来への漠然とした不安、
    束縛された環境の中で、
    何一つ自由にならないもどかしさに、
    何が本当の自分かも分からずにいました。


    一途なあまりに翻弄される友情と恋心、
    その幼さゆえの葛藤や嘘に、
    誰が敵で味方なのかも分からず、
    優しさはときに凶器となることを知らずに、
    無垢で純情な感情が招いたものは、残酷な結末でした。


    ☞『エネミー』

    ☞『~序章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第1章~』から読む方はこちらへ

    『~第2章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第3章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第4章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第5章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第6章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第7章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第8章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第9章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第10章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第11章~』から読む方はこちらへ

    ☞『~第12章~』から読む方はこちらへ




    宜しくお願い致します。m(__)m




     
    人気ブログランキングへ


    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村



    category: 作品紹介

    thread: オリジナル小説 - janre: 小説・文学

    tb: 0   cm: 3

    カクヨムさんの特集ページ『寒すぎる夜をより寒く? 怖い話4選』  

    カクヨムさんの特集ページ
    『寒すぎる夜をより寒く? 怖い話4選』
    私の小説『インナーペアレント』をご紹介頂いております!(*^-^*)



    公式レビューも頂戴しました。
    ありがとうございます。m(__)m


     
    人気ブログランキングへ


    にほんブログ村 小説ブログへ
    にほんブログ村



    category: 作品紹介

    thread: オリジナル小説 - janre: 小説・文学

    tb: 0   cm: 2

    タイヤがパンク  

    先日、某所へお出掛けしておりまして、
    車を降りたところ、何か様子がおかしいことに気付き、
    見ると、左後輪の空気がかなり抜けておりました


    スペアタイヤはあるものの、
    タイヤ交換なんて、自動車学校以来やったことなく、
    夫も似たようなもの。(ヤツに触らせるな!)


    そこで、JAFさんに来て頂き、
    そちらの駐車場をお借りして、診て貰うことに。
    結果、釘(のようなもの)が刺さっていて、
    そこから空気が漏れておりました。


    状態から、ここ数時間とかではなく、
    長ければ一か月くらい経過しているかも、とのこと。


    全っ然、気が付きませんでしたー。( ̄▽ ̄)


    スペアに交換することも出来ますが、
    パンク箇所の修理も可能とのことで、お願いしたところ、
    それほど時間も掛からず、無事復活。


    それにしても、駐車場で気付いてラッキーでした。
    もし、高速走行中にバーストでもしていたらと思うと、
    早く気付いて、本当に良かった!(←十分遅いわ)


    皆さまも、パンクにはご注意下さいませ。(´-ω-`)


    20180202143155491.jpeg 

    タイヤ、闘魂注入中!






    二つのランキングに参加しています。
    応援、宜しくお願いいたします。


     
    人気ブログランキングへ

    にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
    にほんブログ村

    category: 非日常

    thread: 日々のできごと - janre: ライフ

    tb: 0   cm: 4